2008-06-16から1日間の記事一覧

○死者の代弁者を読む

1986年のカードのいわゆるエンダーのゲームの続編である。 この作品そのものは傑作だと思う。ただ、違和感があるのは、前作とあまりにタイプが違うということだろう。前作は戦争SFの傑作、本作は生態系SFの傑作だ。 その意味ではオールディスの「暗…