茨城会:バッファローウィングを対戦プレイする

空戦ゲームの対戦プレイなんて20年ぶり以上か?
対戦相手の水戸爺さんも昔エアフォースを飛ばしたことがあるそうだ。事前のフライトトレーニングの抄訳も合わせて、割と頑張って準備したこともあり、特に大きなルールの間違いもなく対戦を終了することができた。
シナリオ2のソニーアンドダディ
1941年7月
バッファローに乗った新人が不覚にもチャイーカ3機に追われるようになってしまい、これをもう1機のバッファローのヴェテランエースが救出に行くというシチュエーション。
最初からチャイーカが追尾に近い状態に入っており、シナリオ冒頭から緊迫した場面で始まる。そして、エースが降下してチャイーカの背後に接近して乱戦になっていく。
シナリオの状況設定が良くできていて面白いと思った。
新人ソニーバッファローは急上昇してヴァーティカルロールをしてチャイーカの追尾を振り切る。エースがチャイーカの最後尾を捕捉して重損傷を与える。さらにソニーがチャイーカを減速して前に送り出して後ろを取り返すと順調に推移した。
しかし、此処で遅れてきたチャイーカの2番機が急上昇で下からソニーに迫って上へ向って直撃弾を与え、いきなりソニー機は墜落寸前に。さらに捕捉されて結局落ちてしまった。
エースがチャイーカを捕捉して落とし、互いに1機撃墜も、最初のエースが稼いだ重損傷分で8:6で辛勝した。
ゲームの感想はまた明日。