茨城会:戊辰戦争を対戦プレイする

同人版GJの戊辰戦争です。
Mitsuさんと対戦。
初戦は筆者(会津方)の凡ミスで会津が頓死してしまい協議終了に。
2戦目は9月までプレイして、会津城が落城して完全終了となりました。
プレイ時間としては4時間くらいだったかと思います。思ったほどは掛かりませんでした。ただ、プレイアブルとは呼びにくいでしょう。
Mitsuさんは、プレイエイドや、補助マーカーを作るなど、かなり労力を掛けていましたが、それでもいくつかルールの読み落としがありました。細かいルールが多すぎるのですね。
あと2戦目は、初戦の頓死があったので会津方で早めに会津に勢力を集めました。そうすると、薩長軍は会津攻撃の修整を得るために奥羽越列藩同盟を1個ずつ落とす準備行動を3ヶ月くらいしてから、おっとり刀で会津へ突入してきます。この展開は、なんとなくエキサイティングさに欠けるかなと言う気がしました。
その意味では、会津方はもっと機動的な反撃もしながら時間を稼ぎ、北部の藩の陥落は薩長に諦めてもらうようなことをしなければならないのかなと思いました。
そうしたことが見えてくるまで何度かプレイするには、少々、ルール負荷、プレイ負荷が重すぎる感じでしょうか。
あと、最後の会津攻防戦はいわゆるダイスフェスタになってしまい、ここでのダイスのばらつきが、それまでの準備行動の多少の成果をみんな吹き飛ばしてしまいやしないかい?と言う不安は感じました。
ともあれ、このゲームを死ぬまでにちゃんと終りまでプレイすると言う目標はクリアしました。またやるかどうかは、微妙な感じです。