SGC例会:ヴァーチャルを対戦プレイ

懸案の対戦プレイ。4人で遊んで見てもらったのだが、率直に言ってデベロップ不足で上手く機能していない感じ。途中で終了にしてしまった。
問題点はいくつかあるが、
1)勝利条件として4プログラムを整列させるか、他の全員を脱落させるとあるが前者は2人くらいにならないとほとんど達成不能
2)基本エネルギーであるレゾリューションがなにかすると減る一方
3)結果として積極的に動くほど早く消耗して脱落しそうなので誰も何もしない
というのが一番深刻だろうか。また、マップの広さに対して移動力が小さすぎたり、エネルギーの発生範囲が限定されており互いに自分のエネルギー供給範囲から出ない方が良かったりで、消極的なプレイが助長されるようなゲームシステムになっている。
電気回路上でアヴァターやポーンを操ってプログラムのコントロールを争うと言うモチーフ自体は魅力的なのだが、料理し切れていない感じ。ゲームデザインに対する理解が浅い人たちが作って商品化してしまったのだろうか?