仮面舞踏会をソロプレイする

bqsfgame2017-10-28

故在って発掘しました。
発売当時に遊んで以来かも知れません。国産のスタンドアローンのカードゲーム。しかし、ゲームシステムがかなり複雑で敷居が高い印象があり、当時でもそんなにプレイしているのを見掛けませんでした。
とは言え、盛り込まれている要素の全てが緊密に絡み合い、またプレイバランスも、収束性も良いので埋もれたままにしておくのは惜しいです。世界観やプレイ感から、呪文書を題材とした「グリモワール」と近い印象も受けます。そう言えば、こちらも完成度の高さの割には、プレイしているのを見掛けない感じ。
トレーディングカードゲーム的なテイストを手軽に味わえるスタンドアローンゲームは、もっと実需があって良いと思うのですが、クニッツアの「スカラベロード」、「ミノタウロスロード」なども、あまり見かけません。この類では、クニッツアの「ブルームーン」が一番実績があるでしょうか。
3人想定のソロプレイをしましたが、間違いなく面白かったです。ただ、マスク→ダンサー→ステージと繋がる関係性が混乱しやすい。さらに、イベントでダンサーを交換できるので、何が誰のどれなのか判らなくなりやすいのは弱点です。ソロプレイに向きませんね。別に欠点ではありませんが。