山崎の戦いのルールを読む

コマンドマガジン付録の山崎です、念のため。

一読して良く判らないので攻城戦の手前で休止。

再開する時に冒頭から読み直しました。ですので、基本部分は2回、攻城戦部分は1回読みました。

読み終わったのですが、どうもルールが頭にインプットされた感がありません。

割と見慣れないサブシステムがいろいろと登場してきて、ちょっと詰め込み教育が過ぎている感じがします。

基本的にはチットプルアクティベーションの一族です。

これにフォーメーションごとに命令を与えるシステムが組み合せられています。

チットプルと言うと、大抵はフォーメーションごとのチットが用意されていて、それが引かれると当該フォーメーションが活性化します。

ところが、これはそうではないのです。

毎ターン必ず実行され、そのために必ずカップに入れるチットとして、行軍、戦闘(明智)、戦闘(羽柴)、回復、独断専行の5枚があります。それ以外にフォーメーションごとのチットがあり、これは条件を満たすと任意で入れることができます。

少しずつ複雑になります。

必ず実行される5つのチットを引き終わるとターンは終了してしまいます。ですので、引かれないで残るものが出ます。

さて、それとは別にフォーメーションに対しては、攻撃、防御、移動、再編成の4つの命令のいずれかを与えます。命令はゲーム中に変更できます。

ここからが本ゲームで良く理解しなければならないのですが、他で見たことのない話しです。強いて言えば、VGの「アクロス5エイプリルズ」が近いでしょうか。

「行軍」が引かれると、

移動命令を受けている軍勢(両軍とも)が移動します。

「戦闘」が引かれると、当該陣営の攻撃命令を受けている軍勢は活性化します。また、敵ZOCにいる当該軍ユニットは攻撃義務が発生します。

「回復」が引かれると、

再編成命令を受けている軍勢が再編成を実施します。

「独断専行」が引かれると、

移動/再編成命令を受けている軍勢で、所属ユニットが敵ZOCにいるものが活性化されます。

さて、強制的に入れる以外の軍勢チットですが、一度カップに入れて、もし引かれずに終わると伝令チェックをして次のターンにどうするかを決めます。このフェイズを遅参フェイズと呼びます。

遅参トラックと言うのがあり、増援などはこのトラック上をカウントダウンして行き、0に到達するとカップに入れます。

軍勢のチットが引かれると、

その受けている命令に従って行動します。

と言うのが基本的なメカニズムです。

f:id:bqsfgame:20210226183136j:plain

さて、お読みになった皆さんは、どういう風にゲームが機能するかイメージが湧いたでしょうか?

f:id:bqsfgame:20210226183240j:plain

これに加えて勝竜寺城を巡る攻城戦関係のルールが約3ページあります。抽象的な扱いなのですが、これまた独特なシステムとなっていて理解を難しくしています。

うーむ、なんかともかくユニットを並べてルール首っ引きで動かしてみないと、対戦できる状態に辿り着けそうな気がしません‥(^_^;

SFマガジン2006年10月号を読む

「現代女性作家特集」です。

別の号を入手するためにセット売りのオークション品を落札して、入手しました。

現代と言っても2006年ですから、ちょっと古い。

f:id:bqsfgame:20210223172815j:plain

リズ・ウィリアムズの「天使と天文学者」は、チコ・ブラーエと、ヨハネス・ケプラーの二人を描きます。この組合せだと、水見稜の「夢魔の降る夜」を思い出します。

この二人が師弟関係だったのはヒストリカルな事実です。ただ、天体観測技術と、天体運動計算の第一人者同士で、決して仲良く研究していた訳ではないのも事実のようです。

題材が良いこともあって、興味深く読むことができました。

マーゴ・ラナガンの「地上の働き手」は、おばあが臨終を迎える直前、おじいがぼくのことを起こして「天使を一匹みつけてこい」と言うお話し。この導入が命です。

ケリー・リンクの「しばしの沈黙」は巻頭に置かれていますが、正直に言って良く判りませんでした。

ジャスティナ・ロブスンの「小熊座」は多元宇宙で離ればなれになってしまった夫婦の断想。ちょっと情緒に流され過ぎた書きぶりで評価しにくいです。

全般的に判りにくいものが多くて、もう一つかなと言う気がしました。強いて言えばリズ・ウィリアムズが良いでしょうか。

○首里の馬を読む

第163回、芥川賞受賞作。

f:id:bqsfgame:20210222221607j:plain

だから読んだわけではなく、これもこちらがトリガーです。

『SFが読みたい! 2021年版』:馬場秀和ブログ:SSブログ (ss-blog.jp)

こちらの国内編第3位に、高山羽根子の「暗闇にレンズ」が入ったことから関連作品としてリンクされたようです。

リンクを辿っていただくと本書に対する馬場評がありますが、サイバーパンクではないかと思ったと言う感想は鋭すぎて拙には連想できませんでした。

タイトルの通りに沖縄の話しで、そこにある資料館、そこから遠隔出題するクイズ、迷いこんできた宮古馬という三題噺です。

結局、資料館は取り壊しになってしまうのですが、その時に主人公が取った行動を指してサイバーパンク的と言うのは判らなくもないのですが、非常に発想しにくい解釈です。

リーダビリティは非常に高く4日間ですんなり終りました。

ストーリー的には発散していて掴みどころがない感じですが、印象は悪くありません。「暗闇にレンズ」も読もうと思っています。

そうそう、図書館です。こういう時、文学賞受賞作品は図書館に確実にあって有難いです。

全豪オープンテニスを見る

コロナのため在宅勤務ですので、毎日見ることができました。

毎日見ると、2週間って長いなぁと実感しました。

女子は大坂でした。ムグルッサ戦以外は危なげなく、安心して見られました。ブレイディは、ペグラ戦を見ると、ゆっくりしたボールに攻め急いでミスが出やすくなる所を突かれて苦戦しており、パワーでは大坂に負けないものの、抽斗の数ではまだまだという感じでした。キリリ眉毛で目力の強い二重で印象的な美貌です。

f:id:bqsfgame:20210222085837j:plain

表彰式でのオーストラリアテニス協会会長のスピーチにもありましたが、近い将来、決勝の場に帰ってくることでしょう。

男子ではご贔屓のジョコビッチが圧勝しました。途中、腹筋の故障で危うい場面もありましたが、準々決勝からはどんどん安定感が増しました。

メドベージェフは、ルブレフ、チチパスをストレートで撃破した時点で絶好調。この調子なら優勝できるのではないかと思わせましたが、決勝では通じませんでした。

見ていて思いましたが、メンタルの安定性、決勝戦のプレッシャー慣れという部分で大きな差が付いたように思います。

f:id:bqsfgame:20210222090200j:plain

アイネクライネナハトムジークを見る

HDDに残したままになっており4回目を見ました。

入院していた病棟に、恒松裕理に似た可愛い看護師さんがいたので、なんとなく連想して。

何回見ても面白いと思います。

会話が洒落ているのが、やはり大きなポイントです。

前回は森絵梨佳と恒松裕理の会話を挙げましたが、やはり矢本悠馬の名言集がスゴイ。その矢本悠馬の評価を母娘で語っているのが、森と恒松の会話になります。

その会話への導入となる三浦と恒松のサーティーワンでの会話。これも良いです。

f:id:bqsfgame:20210220084817j:plain

冒頭部の貫地谷しほりに弟を紹介するMEGUMIの会話も、一種のコントのようで味があります。

f:id:bqsfgame:20210220085024j:plain

どこを採っても美味しい良く出来た映画だと思います。

「魔法 その歴史と正体」を読む

どこからこんな本を? と思われる時は、大体において馬場さんの所がソースです。

『魔法 その歴史と正体』(カート・セリグマン、平田寛・澤井繁男:翻訳):馬場秀和ブログ:SSブログ (ss-blog.jp)

馬場さんのコメントがスゴイ。

「(前略)世に出回っている西洋魔術解説書の多くが本書をベースにしており、また小説・コミック・アニメなどの娯楽作品に登場する印象的なネーミングや設定の元ネタもだいたい本書で解説されています。そういう意味で、特に西洋魔術史に興味がなくとも、基礎教養として読んでおきたい一冊です。」

マジですか?

これが「基礎教養」なんですか!

レベルが高すぎて、全然、着いていけません。

大冊なので、興味がある所だけ抜き読みにしました。

ゾロアスター

スフィンクス

背教者ユリアヌス

錬金術一式

アラビア人と中世の呪術師

悪魔

アグリッパ・フォン・ネッテスハイム

魔術一式

吸血鬼

フリーメーソン

本書の収める範囲は非常に広く、内容は悪く言えば雑駁なほどになんでもかんでも扱っています。

本書を読むと、様々な小説や映画に登場する単語の起源がどこにあるのかも勉強になります。

グインサーガに出てくるアグリッパはその筆頭と言えます。

また、129pの上段に、「すでに紀元前2900年ごろ、エジプト人はヌビアで金を採掘していた」と、ヌビアに関する言及があったりするのも驚きました。

そういう意味で、読んでいると、あちらこちら示唆に富んでいるので、飽きはしません。

中でも非常に懐かしく思ったのは、種々の悪魔のエッチング画です。昔、子供向けの「悪魔の事典」で見たことのあるものばかりですが、なるほどこういう出典なのかと思いました。

f:id:bqsfgame:20210220100831j:plain

猛将マルコキアス。

ルアーブルをソロプレイする2

今度はソロプレイ用のフルゲームをプレイしました。

拡大再生産の速度が遅いと書きましたが、ソロプレイだと全ての資源を一人で使え、自分の計画通りに建物を利用できる(多人数だとワーカーの配置の早いもの順)ので、決して遅くはありませんね。

鋼鉄を製造して鋼鉄の船を2隻建造することができました。

最後までプレイして130点でした。

最後に製革会社を建ててなめし加工をして、それを海運会社で輸出してと思いましたが、順番に進めて行って最後に船を運行するエネルギー(3エネルギーが必要だが石炭も材木もなし)不足で頓挫しました。そうか、細かい所まで読み切らなければいけないのかと後悔しても後の祭り。

「ローズアンドボーツ」を思い出しました。 

bqsfgame.hatenablog.com

 どういう段取りで建物を建てて、それぞれの効果を利用していくのか、一人だけなので全部読み切れるはずなのですが、三手くらいならともかく五手先とか読み切れません‥(^_^;

こんなことだから詰碁本の消化速度が上がらないのです(苦笑)

f:id:bqsfgame:20210217140435j:plain