×グラーフツェッペリンを読む

 高野史緒さんその2です。

 硬式飛行船、ツェッペリン号は本当に世界一周の時に土浦に来たのだそうです。

 その瞬間に二つの世界が分岐したという設定で、それぞれの世界に属する夏紀と登志夫がリンクして飛行船を見た記憶の絆で結ばれる話しです。

 モチーフが非常に好みなのですが、残念ながらストーリーは面白くなりません。最後はちゃんと着地するのですが、なんとなく映画「サマーウォーズ」の中途半端なノヴェライゼーションみたいな感じです。田舎の話しだし、並行宇宙の二人が繋がる話だし、VRの話しだからです。

 うーん、高野先生その3に進むかどうか、ちょっと悩ましい。

 それはともかく、茨城会の第2会場である亀城プラザとか出てくると、ちょっと嬉しいです。

p9

 私は藤沢夏紀、茨城県土浦市生まれで、今も土浦に住んでいます。公立の女子高、土浦第二高等学校の生徒です。

p10

 太陽が低層ビルや住宅の陰に隠れようとしている頃、夏紀はその夕陽を背中に浴びながら、亀城公園の丘の上に立っていた。

p92

 館内には飲み物の自動販売機が設置されているし、マクドナルドやスターバックス、河内薬品(ドラッグストアだが、事実上ほとんどスーパーマーケット)や山新(かなり大きなホームセンター)には、皆、自分で行きたがった。

p163

マンデラ効果? マンデラって、あの南アフリカ共和国ネルソン・マンデラですか?」

「そう。これも都市伝説よりの話になるだけど、ネルソン・マンデラは反アパルトヘイト活動で当時の白人政府に逮捕されて、1960年代から90年代まで収監されている。その後、大統領まで上り詰めた人物だ。しかし、2010年頃、ネット上で、マンデラが80年代に獄死しているという記憶を持っている人が結構な数いることが分かった。マンデラ効果というのは、こういう事実と違う記憶を大勢の人が共通して持つことを意味するすらんぐだったんだが、その後ミームにまで昇格した。日本でも、「天空の城ラピュタ」や「千と千尋の神隠し」にテレビでは放送されない別ヴァージョンのエンディングが存在するとか、そういう話は聞いたことがないかな」

p317

「もともと、電磁気的な異常が東アジア、おそらく日本の近辺にあることは十年ほど前から知られていました。そしてごく最近、細密な観測が可能になったことによって、もしかしたら我々に対する諜報活動の結果として、夏紀さんのことに気づいたようです」

ルアーブルをソロプレイする7

 大きなセットアップミスがあったので中一日でリベンジ。

 今回はまあまあスムースに進みました。

 しかし、造船所の出てくるのが遅く、結果として船を建造できないので食糧供給のベースラインが確保できず、割とアクション数ボトルネックな展開でした。

 あと前回の対戦では標準の建物は全部建て切ったのですべて見たことがあるはずなのですが、知らない能力が。「簡易裁判所」って、借金棒引きなのですね。これがあるのを知っていて借金するのは江戸時代の大名家みたいに、最初から徳政令が出るのを当てにしていて返すつもりのない借金なので、道義的にどうなのよと思いました。

 また、特別な建物で毛織産業が登場して、その圧倒的な収益力に驚きました。収入22フランって、異常です。まぁ、毛皮は牛が増えて、それを食肉加工したときに副産物としてしか出てこないので、それほど運用チャンスはないのかも知れませんが、一発のパンチ力がすごいので、街がこれを建設してくれるとゲームの流れが牛よりに変わる気がしました。

 特別な建物がたくさんある割に1プレイに出てくる数が少ないので、何回もやってみなければいけないのですね。これによって勝ち筋が毎回のように変化するのでリプレイアビリティが担保されているのですね。

〇パラドックスメンを読む

 竹書房文庫です。
 オールディスが、最初に「ワイドスクリーンバロック」という術語を発明して絶賛したアメリカSF。

 大昔から翻訳が待たれていましたが、ついに実現したのが2019年。そこから既に5年も経ってようやく読みました。
p177
 十個の惑星をしたがえた太陽が、輝く三次元の映像となって眼前に飛びだした。ケルベロス-発見されたばかりの冥王星のかなたにある惑星-は一マイル近く離れており、かろうじて見えるだけだ。
p293
 ステーションは完全に太陽に埋没しているにちがいない。四周で放射熱が一様になっているのがその証拠だ。それでも、あいかわらず太陽黒点過流のなかにいる。はるかに低温の対流がステーションを洗っているのでそれがわかる。説明はひとつしかありえない。黒点過流は巨大なU字型のチューブを通って太陽表面へもどっているにちがいない。
p304
「おまえがわたしに信じさせたがっているのは、こういうことか-今夜だれかがT-22に乗って旅立ち、時間をさかのぼって、五年前にオハイオ川に墜落し、アラールとして岸へ泳ぎ着く」
 マインドはうなずいた。
p306
中略:もしアラールが超人類であるならば、その超常能力は潜在しているのだ-そのときわたしはそう判断した。彼は野生動物の群れに養われる子供のようなものだ、と。
 超人の生まれであることを無理にでも理解しないかぎり、彼は死ぬまで隠喩的な四つ足で走りまわる運命にあっただろう-

訳者あとがき
「この長編は、十億年の宴のクライマックスと見なしうるかもしれない。それは時間と空間を手玉に取り、気の狂ったスズメバチのようにブンブン飛びまわる。機知に富み、深遠であると同時に軽薄なこの小説は、模倣者の大群がとうてい模倣できないほど手ごわい代物であることを実証した。この長編のイギリス版に寄せた序文で、私はそれを『ワイドスクリーンバロック』と呼んだ。これと同じカテゴリーに属する小説にはEEスミス、AEヴァンヴォークト、そしておそらくはアルフレッド・ベスタ―の作品が挙げられよう」

ルアーブルソロプレイする6

 「マンハッタンプロジェクト」をプレイしたらリソースマネージメント系がやりたくなりました。「チンギス征西記」を発掘しに行ったら実家の入口にあったので持ってきました。
 ローゼンバーグの飢えるマネージメントゲーム
 ルールを読んだらすぐ出来そうに思えたので夜なべしてやってみました。
 ところが、レンガ工場が一番下に埋もれてしまい、逆に一番上に教会のようなレンガの量産が要る建物が蓋になってしまいロックされたので、片づけました。

 ルールを読み直したら、標準の建物は3つの山にランダムに分けるものの、それぞれの山ごとに数字の昇順に並べると書いてあって、教会が早期に一番上になるようなことはありえないのでした。失敗。
 後日再挑戦。

コマンド79号を発掘する

 こういうのはやりたい時が旬なので発掘してきました。

 で、征西記のプレイ状況や評価をとBGGを見てみたら、どうもエントリーがまだ存在していない。

 なので、久しぶりにBGGに新規エントリーを申請して翌朝確認したら、もう承認されてありました。

Central Asia 1219-1221 | Board Game | BoardGameGeek

 プレイされたことのある皆さんの評価入力をお待ちしておりますです。

デスティニーを見る

 いろいろとキャスティングに違和感のあったドラマですが、最後は大きな疑獄事件へと決着してパーフェクトランディングしました。まずますの出来栄えだったと評価します。

 やはり悪の総帥に伊武雅刀が出てくると、ドラマが締まりますね。その手先の実行犯役の川島潤哉が良い演技をしたのもあって、疑獄事件と放火事件が上手く繋がってきれいに腑に落ちました。

 川島がなぜ疑獄事件の重要証拠をガラケーのデータ保存に温存しておいたかを語るのも非常に納得感がありました。悪の手先は悪の総帥のやり方を良く知っているから自己防衛のために総帥の弱点を自分で持っていたかったと言うのはなるほどと思います。スターリンの蝙蝠と言われたヤゴーダとかも、見習うべきであったかと思いますが、彼の時代のソ連では放送していなかったでしょうから仕方がないか。

 宮沢エマの違和感は最後まで消えませんでした。現代劇でもう少し見慣れないといけません。次は「マウンテンドクター」で看護師役だそうなのですが、そこに出てくる医師が岡崎紗絵ちゃんだそうで、ちょっと気になるけれど、ぜひ見なくてはというほどでもなくて悩ましい感じ。主演は榊原康政の杉野君だそうです。

3ヶ月でマスターする世界史を見る 2

 4月はゾロアスター教キリスト教イスラム教とオリエントを軸に語りました。

 5月はなんと全4回、モンゴルの台頭、モンゴルの拡張、モンゴルの解体、モンゴルの遺産と、完全モンゴル月間でした。

 そもそもモンゴルの巨大な帝国は筆者らの時代の世界史教科書では扱いが小さすぎたので、このくらいの比重があっても良いのかも知れません。

 ウォーゲーム界を見ても、それほどの存在の割には扱いが少なく、S&Tの「カーン」くらいしかモンゴルの全容を把握できる作品はありません。

bqsfgame.hatenablog.com

 それ以外では戦術級でGBOHシリーズの「デヴィルズ・ホースメン」でしょうか。

 後は突如としてコマンド付録に付いた「テムジンの戦い」です。

bqsfgame.hatenablog.com

 この号に「成吉思征西記」があったのを忘れていました。一度やってみなくてはいけないモンゴルアイテムでしょうか。79号を発掘して来なければ

 「モンゴルの遺産」の話しは珍しい切り口で非常に勉強になりました。また、ローマ帝国もそうですが、巨大な帝国を築く国家と言うのはどこも外敵に対して比較的寛容だということが印象に残ります。そう考えると、改めてローマはなぜカルタゴにあそこまでしたのだろうかと思います。

 閑話休題

 こうして改めてみると、さんざん文句を言いながらも「カーン」も「テムジンの戦い」もプレイしているので、「成吉思征西記」をプレイすればモンゴル三冠王達成です。「デビルズホースメン」を探し出してプレイすれば、前人未到の四冠王か?

 いえ、単なる妄想です。

 あと、なんかジップロック元寇のゲームがあったような気がするのですが思い出せません。