☆卯之吉子守歌を読む

半年以上あきましたが、大富豪同心の9巻です。 いつもながら快心の出来栄えでした。 今回は上州から流れてきた神龍一党。その親分の情婦だった女が自分の子供を真人間に育つように噂の同心八巻様の家に捨てる所から始まります。 八巻家には美鈴という女手が…

SMSエムデンをソロプレイする

1月の課題に挙げたコマンドの新作ソロプレイゲーム。 ルールを二読してから取り組みましたが、いざ始めると判らないことだらけです。 まず給炭船関係のコンポーネントが判りませんでした。 マップ上に該当船の大きめのカウンターを置きます。 小さい方のカ…

12月のNHK杯囲碁トーナメント

すっかり遅れてしまいました。 4日の解説は孫七段で、これについては既に書いた通りです。 11日の高尾vs富士田戦は武宮先生でした。この碁は富士田七段の勝率が90%を越える所まで行ってからの逆転でした。なぁーんだ、AIの勝率表示って全然アテに…

〇ふしぎの国の犯罪者たちを読む

山田正紀のクライムノヴェルと思って読みましたが、確かにそうではあるのですが、ちょっと雰囲気が違いました。 六本木にあるバー「チェシャーキャット」では、お客たちは本名や職業を明かしてはいけないというルールをママが厳格に適用しています。 そこの…

潜水艦カッペリーニ号の冒険を見る

9か月ぶりの4回目です。 此処へ来て、有村架純と音尾琢真を大河で見掛けたのでキッカケを得て再視聴しました。 やはり面白いです。 序盤で捕虜のイタリア人たちに、音尾が「これからお前たちの返事は、「はい」と「やります」の二つだけで良い」と言ったの…

千葉会:沖縄の落日を対戦プレイする2

画像をDLしたので、振り返りのため並べておきます。 第2ターンです。 座席効果と言うのがあって、米軍で西側に座ったら米軍の主攻勢軸が西海岸沿いになってしまいました。まずは順調に抜けています。 しかし、第2ターンに2か所で射撃戦で敵を撃破できず…

☆レジェンドアニメを読む

図書館です。 タイトルですぐに「覇権アニメ」の続編だと判りますが、短編集です。 「音と声の冒険」 五條正臣 「運命戦線リデルライト」の音響監督。 王子が野野崎監督の「バタフライ」のエピソード監督だった頃からの古い付き合いで、王子が社会人として全…

大奥を見る

話題のドラマ10です。 家内が録画したので、先にこっそり見ました(内緒) 第1話は、将軍吉宗が冨永愛、大奥に入る貧乏旗本の息子が個人的に推しの中島裕翔、大奥総取締が片岡愛之助です。 冨永愛の将軍と、その側用人の貫地谷しほりがカッコイイのです。…

忍者に結婚は難しいを見る

最近絶好調の鈴木伸之が菜々緒と夫婦役というドラマです。スタイル抜群の菜々緒が忍者姿で暗躍するのが売りか? なんとなくテイストが似ていると思ったら「ルパンの花嫁」と同じ原作者なのですね。 鈴木と菜々緒の夫婦喧嘩は夫婦あるあるばかりで笑ってしま…

☆食虫植物 進化の迷宮をゆく を読む

食虫植物、岩波サイエンスです。 馬場さんのブログからです。 『食虫植物 進化の迷宮をゆく』(福島健児):馬場秀和ブログ:SSブログ (ss-blog.jp) 食虫植物と言うのは、特撮の怪人モチーフに使われることも多く、独特の妖しい魅力を持っています。 初代仮…

千葉会:沖縄の落日を対戦プレイする

今月は無事に対戦しました。 と言っても、実は私自身が千葉会日程を一週間間違えていて、掲示板を見て当日の朝に気付いて慌ただしく準備して間に合いました。 我が家は幸いにして娘が土日でも朝6時に起きて始動するので、朝が早くお陰で事なきを得ました。 …

スズメの戸締りを見る

書き洩らしていましたが見てきました。 うーん、悪くないと思うのですが、なんとなく後味が悪い作品ではあります。もう一回劇場に行くことはないでしょうし、DVDを買うこともないでしょう。 つまらないと言うのは当りません。 ただ、いろいろと慮ると、エ…

スカイズアバヴブリテンを入手する

マストアタックで話題になり、煩悩を振り払うことができずに購入し、家庭内紛争を招いております‥('◇')ゞ アバヴライヒとかなりルールが変わっているとのことです。 まだ全然ルールを読んでいないのですが、伝聞情報まで。

×ムーンバギーを読む

高斎正、その2です。 初期短編集、と言うよりショートショート集に近いでしょうか。260ページ、全13編。 オートレース好きによるオートレース好きのための作品集という感じです。 オートレースに関心がないので、頻繁に着いていけなくなりました(苦笑…

リーガルハイを見る

行きつけの整体で、なぜか堺雅人の話しになって、「やっぱりリーガルハイでしょう」と先生が言うのに激しく同意したのでDVDボックスを出してきてみました。いや、やはり素晴らしい。レギュラー陣の魅力もさることながら、ゲストも素晴らしい。第2話のボ…

どうする家康を見る

とりあえず初回を見ました。途中まで生放送。娘にチャンネルを奪われたので後半は録画視聴でした。 予想以上に家康を弱虫に描いていて、東照大権現様をこんなことしてどこかから文句が出ないのだろうかと思いました。 意図してのキャラクター造形なのだと思…

☆わかる!勝てる!!囲碁 攻めの基本を読む

羽根先生のシリーズ本です。これに続いて2冊目です。 bqsfgame.hatenablog.com 今回のテーマは攻めです。 一に封鎖する。 二に分断する。 取らなくても良いと心得る。 厚みは囲わず攻めに使う。 相手の弱い石を厚みに押し付ける。 の5点くらいを丁寧に解説…

〇剝製の島を読む

山田正紀の初期短編集です。 徳間文庫で6冊目の出版ですので、「最後の敵」の次になります。初期短編集でありながら、随分と文庫収録が遅れたものです。 「アマゾンゲーム」は、リオで弟を殺された主人公が弟の未亡人と名乗る女性から助けを求められて、ア…

やっぱそれよくないと思うを見る

新春、ホイチョイドラマです。 去年は3日にフジで2時間、今年はテレ朝に移動して6日に1時間。どういうことになっているんでしょうね。ほぼ無関係なのかも知れません。 主演は吉川愛と岡山天音。 吉川は3人組ユーチューバーですが、全然バズらない。この…

SMSとは

エムデンのルールを読んでいますが、そもそもタイトルのSMSが判らない。 日本語で検索しても判らないので英語で検索したら出てきました。 「Seiner Majestät Schiff」皇帝陛下の船を意味する略称なのですね。 ドイツ、特にWW1当時のドイツは皇帝(カイ…

ジュデアン・ハンマーをソロプレイする

鉄は熱い内に鍛てと言うので、4ページの抄訳も付けていただいていたので読んで、さっそく取り組んでみました。 ハンドサイズが4枚しかないカードドリヴンです。 相手陣営のイベントカードをOCで使用すると、相手のイベントが発動するシステムです。「ト…

1月の課題

12月の課題筆頭だった「沖縄の落日」を2回ソロプレイしました。1月の千葉会で対戦しようという話しになっていますが、先月の例もあるので実現するまでは数えないのが正しいでしょうか。 12月の課題2位だった「第一次ポエニ戦争」も2回ソロプレイしま…

しずかちゃんとパパを見る

年末から見ていて、3日に終わりました。 HDDに全部残っていると思っていたのですが、第1話がなくて急遽、DVDを買って第1話を見ました。残りはHDDで見て順次消去しました。 非常に良く出来たドラマで、安心して楽しく見られました。 改めて見て、…

〇多元宇宙の帝国を読む

キース・ローマーその2です。 マーケットプレイスで入手して初読。 中学時代に何度も繰り返して読んだ「多元宇宙SOS」の前日譚だそうです。「エンパイア」というシリーズなのだそうです。初耳でした。 本書が発売されたのは「前世再生機」や「多元宇宙S…

沖縄の落日をソロプレイする

2回目です。リアルタイムでは12月29日。 少し先までやってみようという狙いです。 第1ターンの101高地ライン戦です。米軍は初期から損害を受けるのが嫌なので、戦車、火炎放射戦車などの装甲値を持つユニットを投入して防御射撃を無効化して攻撃し…

〇贋作ゲームを読む

山田正紀のクライムノヴェルです。 中編4作。 表題作は幻の欧州作家の贋作が美術館に収蔵されるのを妨害しようとする話し。贋作作家の美人の娘の依頼に動くのですが、実は主人公には別の動機があるというオチです。「コンフィデンスマンJP」の名画篇や、…

2022年のガッカリゲームと成果

最近は月ごとにまとめているのですが、新年ですので一年を総括して置こうと思います。 いつも通りにガッカリからと思いましたが、BGGのプレイ記録を一年分全部振り返ってもガッカリというものは思い当たりませんでした(後述)。2022年はとても良い年…

茨城会:アップフロントを対戦プレイする

先月の茨城会で話題に上がり、即、対戦プレイすることにしました。 先ずパトロールシナリオです。 イギリスを持ってドイツと対戦。 良い感じに先制攻撃に成功したのですが、なかなか追撃できず、ついに3デック終了までプレイし、ポイント差で判定勝利しまし…

年を取ったと実感する

中黒さんのブログからです。自分も正に老害と思います。 サンデーモーニングの墓碑銘2023を見ていて、「海部俊樹も石原慎太郎もゴルバチョフも」死んだことに驚愕します。そういう意味では自分が健在なのが、そろそろ奇跡的なことだと感謝するべき年齢に…

☆山椒魚戦争を読む

もともとは創元推理文庫版を買って読んだはずですが、ハヤカワ文庫版が出た時に入れ替えて購入したものです。その時に読んだのが最後だと思いますので24年ぶりでしょうか。 1935年、ズデーテン地方割譲直前のチェコスロバキアでチャペックが新聞連載し…