正直不動産を見る

最終回翌週の感謝祭まで見終わりました。 今クールの最高傑作と言う声も一部で聞こえます。NHKに山ピーが、山ピーが再び夏原原作に挑み、山崎努と共演。 まぁ、どう転んでも山ピー次第と言う感じでしたが、さすがの実力を見せてくれました。 呼吸するよう…

横浜ハンマーヘッドに行く

小学校、高校、大学が横浜で、社会人の最初の赴任地が川崎だったので、横浜は勝手知ったる街でした。 しかし、2000年に成田に異動してから22年も経つと、すっかり「御上りさん」です。 横浜の実家に老母を見舞った後に、FM横浜で聞いたハンマーヘッ…

〇惑星CB-8越冬隊を読む

谷甲州です。 ハヤカワ文庫JAとしてではなく、航空宇宙軍史としてです。 遥か未来、汎銀河人による惑星CB-8の越冬実験隊の話しです。 極端な偏心軌道、極端な自転角傾斜を持っている惑星で、長い夜(冬)は厳冬ですが、それを緩和するための人工太陽を…

〇産霊山秘録を読む

ハヤカワ文庫JAのピックアップです。 bqsfgame.hatenablog.com この企画も、我が赴くは蒼き大地、マンスリープラネット、吸血鬼エフェメラに続いて4冊目ですが、いずれもアタリばかりで非常に有意義だと思っています。 一冊本なのですが、全510ページ…

千葉会:潜水艦オルゼフ号を対戦プレイする

最後に残り時間で手軽なものとして潜水艦をやりました。 Wilandorさんに潜水艦を持ってもらった上で、初心者ハンディの追加移動マーカーを適用しました。 追加移動マーカーは、やはり強いですね。前回プレイした時には潜水艦側を持って非常に辛く感じたので…

千葉会:コルトエクスプレスを対戦プレイする

昨年11月に続いてコルトエクスプレスです。 今回は、moritaさん、Wilandorさんと3人です。 11月にやったばかりだから大丈夫だろうと思っていましたが、同じ車両内の相手を撃てないという衝撃の見落としがありました。大変失礼いたしました。 Wilandorさ…

千葉会:ジェノヴァ=ヴェネツィア戦争を対戦プレイする

ついに対戦プレイ実現です。 前回の「地中海帝国」に続いてWilandorさんと。当方はジェノヴァを担当しました。 第一次戦争(ターン1) いきなり「クレタ島の叛乱」です。まぁ、ご自分で引かれたので仕方がないでしょうか。 さらに、「洪牙利のダル…

トップガン・マーヴェリックを見る

映画館です。 4WDで家内と見ました。 期待していたよりはるかに面白かったです。正直に言えば期待していなかったためなのですが。 クライマックスの敵核燃料施設攻撃の描写は、空戦ゲーマーとしては非常に楽しく見られました。 まずECW機が飛んで情報…

悪女!を見る

やってきました最終回。結論として、終始常に楽しく見ることができました。退職勧奨的なことまでして管理職ポストを開けて女性管理職を増やそうとするJK5が社内に軋轢を生むことから、田中はずっと世話になってきた峰岸と袂を分かってJK5分室を作りま…

潜水艦オルゼフ号をソロプレイする

日曜日の千葉会でやれたら良いなと思い、自分のセットを開けて、英文ルールを復習してソロプレイしました。 改めてソロプレイすると、ドイツ側で結構、霧を取らざるを得ない場面があることに気づきました。前回の対戦ではあまり思わなかったことなので、隣の…

悪女!の2週目を見始める

今週最終回を迎える今田美桜の「悪女!」ですが、2週目を見始めました。 個人的にスマッシュヒットだったのは第3話。マーケティング部。 ここのリサーチチームの先輩が、石橋静河演じる梨田友子。 大河ドラマでも静御前を演じて、今や赤丸急上昇です。 以…

ジェノヴァ=ヴェネツィア戦争をソロプレイする2

マーカーを再製作して2度目をやってみました。 第1ターン ハンガリーのダルマツィア占領 ジェノヴァ:シシリーと同盟 さらに、ピサ王国を属国化 ヴェネツィアは外交チットに恵まれず外交ノーアクションでした。 ヴェネツィア財政:7+1=8-2 招集兵4…

×ホワイト・ライトを読む

ルーディ・ラッカーです。 これ以来になります。 bqsfgame.hatenablog.com 今回はかなりリーダビリティが悪くB級のロードムーヴィーを見ているような感触でした。 ラッカーは本業は数学者だったそうで、集合論の無限概念を中心に本書は進みます。で、アスト…

6月の課題

例によって課題消化から。ステルス&シーこのエントリー書くために頑張って昨日やりました(苦笑)。まぁ、そのための課題設定なので。ジェノヴァ=ヴェネツィア戦争独立したゲームではなく、自作追加シナリオと言うべきですが、ともかく資料勉強、追加マー…

バイステルスアンドシーをソロプレイする

ようやく辿り着きました。ジブラルタル港。ルール20ページは、ソロプレイゲームにしては分量が多いです。それほど難しいシステムでもないのに、どうしてこんなになるのだろうと思いますが、主として種類の多いアクションの説明が長いのです。似たような解…

ターザン後藤亡くなる

プロレスラーの訃報を聞くのは久しぶりです。自分の日記を検索したら、20年9月のジャイアントキマイラ以来でした。 ターザン後藤は、大相撲→全日本プロレス→アメリカ修行と順調にキャリアアップしながら、何故か馬場から一向に帰国指令が出ないまま放置さ…

仮装巡洋艦バシリスクを読む

表題作です。 SFマガジン1982年12月号掲載。 当時はSFマガジンをちゃんと全部読んでいました。 巻末だったかと思いますが、ちょっと読みにくかった記憶があります。 航空宇宙軍、外宇宙艦隊、哨戒艇グルカ107です。 搭乗員は入れ替わっていて、…

襲撃艦ヴァルキリーを読む

「仮装巡洋艦バシリスク」再開です。 哨戒艇グルカ107に搭乗して二度目のプロクシマ訪問直前のジェローム・ダツ中佐は、航路上に未確認の大型艦を確認しコールドスリープ中の他の乗員の覚醒を指示します。 しかし指示が完了するよりも前に先導艦が撃破さ…

☆三体Ⅲ 死神永生を読む

だいぶ出遅れましたが、無事に読み終わりました。 かなり凄かったです。 ⅠよりもⅡ、ⅡよりもⅢが良かったと思います。 三体艦隊にスパイを送り込む階梯計画から始まります。ペイロードの関係で、人間一人を送り込めず、脳髄だけ送り込むことに。その候補者とし…

ナイトメア・アリーを見る

映画の日に映画のはしごです。 シンウルトラマンをIMAXで見てから電車で二駅移動して、単館上映系ミニシアターで見ました。 左はヒロインのルーニー・マーラです。「サイドエフェクト」以来になります。 右は主人公のブラッドリー・クーパーです。 話し…

シン・ウルトラマンを見る(2回目)

と言うことで、6月1日の映画の日に行ってきました。 折角なのでIMAXで見てきました。 IMAXの迫力自体はそれほどでもありませんでしたが、2回目なのでいろいろな伏線の関係が良く理解できて前回以上に楽しく見られました。 特に、ザラブ、メフィラ…

ジェノヴァ=ヴェネツィア戦争をソロプレイする

やってみました。 第1ターン 「クレタ島の叛乱」がいきなり登場、ヴェネツィアは資金4を失います。 「キプロス王の玉座」が登場し、いきなりチット間の矛盾が露呈しました。 キプロス王によって攻撃義務が発生しますが、「クレタ島の叛乱」によりヴェネツ…

ゲームを買わない理由を考え付こう

6月の1カ月間にゲームを一切買わずに我慢ができたら、7月にとあるゲームを買おうと言う目標を立てました。1ヶ月くらい簡単さと思ったのですが、思いついた初日からヤフオクで欲しいものを見つけてしまいました。そこで、ゲームを買う理由を考えるのでは…

ハケンアニメを見る

映画館へ行きました。公開2週目に入ったばかりというのに一日一回上映になっていて朝一しかなく、あたふたとスクリーンへ。東宝の上映前情報のアテンダントが山崎紘奈から福本莉子になっていて驚きました。そう言えば前回からそうだったかも。見た感想とし…

劇場版コードブルーを見る

WOWOWの録画が残っているのを再見しました。 やはり良いですね。 白石が撮影したハッピーメッセージのビデオが、やはり非常に良く出来ていると思いました。 改めて見て、横峯先生(新木優子)が結構、頑張っているなと思いました。 余命短い花嫁の「シ…

ジェノヴァ=ヴェネツィア戦争のカバーを作る 

位置図は味気ないので第2案を作ってみました。 ヴェネツィアの良い画像はいくらでも見つかるのですが、ジェノヴァのはなかなか見つからないのです。 旅行先としての需要がだいぶん違うのですかね。

ジェノヴァ=ヴェネツィア戦争のカバーを作る

一応の格好になったので、折角だからカバーを作ってみました。 千葉会ではゲームのプレイ写真を撮影している方が、(かなりの話題作でも)ゲーム名を言っても判らないらしく箱絵を撮影したがるので(苦笑)。 うーん、ジェノヴァとヴェネツィアの同じフォー…

ジェノヴァ=ヴェネツィア戦争の勝利条件と初期配置を設定する

いよいよ完成が迫ってきました。この週末に一回目のテストプレイができそうです。 オリジナルの3ターンシナリオのような勝利判定を止めて、VP制(オリジナルのキャンペーンルールと同じ)にしてみました。 ターン数は4ターンにして、一次から四次にわた…

ジェノヴァ=ヴェネツィア戦争のCRTを作成する

と言うことで次はCRTです。 そのまま転用することも考えましたが、攻撃側に有利すぎる部分があるので修整しました。 オリジナルのCRTでは一番下の行はDV(決定的勝利)となっていて戦闘比に関係なく一方的に防御側が全滅でした。これはいささか理不…

NHK杯囲碁トーナメントつづき

今年は割とコンスタントに見ています。 https://bqsfgame.hatenablog.com/entry/2022/04/10/184805でいろいろと書いたのですが、ここへ来て関西棋院の先生が2回登場したり、上野女流棋聖の解説に謝さんが予定されていたり、結構、聞き届けていただいている…