☆海を見る人を読む

昨年11月に58才で早逝した小林泰三です。 SFマガジンで特集号が出たのですが、Jコレクションで出た時から気にしていたこちらを読むことにして入手しました。前半3編までは、あまりピンと来ませんでした。しかし、「キャッシュ」から一気に面白くなり…

☆わかる!勝てる!!囲碁 死活とヨセを読む

羽根直樹九段です。 NHK杯の解説に出てこられて、非常に判りやすい良い解説だったので執筆書を調べてみたら、このシリーズの評判が高い。 そこで、先ず一冊と思い、こちらを読んでみました(ヤフオク)。 死活とヨセで組み合せて一冊と言うのは珍しいです…

山崎の戦いのルールを読む(何度目?)

ysgapicaro.exblog.jp また読み始めました。 4月の千葉会で無謀にも対戦しようというのです。 このゲームのプレイレポートをネット検索して発見したのが上記。 しっかりこんなことが書いてありました。 >ルールは複雑でもなく、難しくもないのだが、いかん…

☆阪堺電車177号の追憶を読む

ヤフオクです。ジャケ買い。 「1号線で行こう」のルール翻訳者としては、路面電車が主役の本は見逃せません。 これも一種の連作短編集なのですが、書き下ろしで、各章の登場人物に繋がりがあったりして長編と言って良いでしょう。 大坂ほんま本大賞と言う知…

○皆勤の徒を読む

図書館で借りて読み始めましたが、あまりにスゴイので途中で古本を買いました。 表題作ほか3編からなる連作中編です。 しかし、設定は共有されており、時代がズレています。実は表題作が一番の遠未来で、一作ごとに古い(現代に近づいてくる)のだそうです…

〇ハイウェイ惑星を読む

石原藤雄先生です。 再読、文庫版です。 ヒノシオの惑星シリーズをまとめた短編集その1です。 出世作である「ハイウェイ惑星(高速道路)」を筆頭に惑星シリーズばかり5作品を集めた1975年のハヤカワ文庫。 石原先生は経歴からハードSF作家と呼ばれ…

ホリミヤを見る 

最終回まで来て、卒業式まで終りました。 このテのドラマの常ですが、「二人がくっつくまでが一番おもしろい」ので2話目くらいが一番良かったです。くっついた後は、どうしても興味を維持しにくいです。 メインの二人以外にも魅力があって、そこらへんの恋…

大東亜共栄圏入手する

プチウォーゲームショップです。 2017年に出版されたものの第2版になるそうです。 筆者は太平洋戦争ゲームが苦手なので、初版の時にはスルーしました。 が、プレイ時間的に良さそうなので今回はついで買いしました。 マップはA3サイズ、ユニットは5…

気になる女性の最近の動向

大出菜々子 「ラジエーションハウス」、「閻魔堂沙羅の推理奇譚」などにエピソードゲストで出ていたそうですが認識できず見ませんでした。 川床明日香 「なつぞら」のスピンオフに出たそうです。NHKポイントを獲得という感じでしょうか。次は、朝ドラで2…

俺の家の話しを見る

最後まで終りました。 リアルタイムでは3月31日です。 ラス前までは、こちらの方が「天国と地獄」より良いという評価でした。最終回で逆転した感じがします。「天国と地獄」の最終回は、意外性、感動、必然性の三拍子揃っていました。 それに対して本作の…

×ランドスケープと夏の定理を読む

図書館です。 創元SF短編賞受賞作から始まる連作中編集。 迷うことなく×としました。 人物造形があまりにも稚拙かつ魅力がなさすぎます。 姉が重要な役割を果たし続けますが、頭が無茶苦茶に良くて性格が無茶苦茶に悪くて自分勝手。これがもう最悪です。姉…

茨城会:ロシアンレイルロードを対戦プレイする

本能寺が終わった所でタナックさんが離脱しました。 残った3人で、ロシア鉄道をやりました。 見通しのよくない複雑ユーロですが、インストをすると否応なく整理して説明するので、結果として自分の理解も進んだ気がします。 結果的には、持ち主の筆者が1の…

茨城会:本能寺への道を対戦プレイする

ルアーブルの後、takeshiさんも到着して4名で「本能寺への道(GJ)」を対戦プレイしました。 筆者は一年ぶり(前回も茨城会)。タナックさんが明智を持ち、信長討伐を全員から期待されます。しかし、その責任を回避して毛利領に攻め込んで安土から…

茨城会:ルアーブルを対戦プレイする

リアルタイムは3月27日です。 この日、初めて見えられたタナックさんと、水戸爺さん、筆者にて3人プレイ。 初めて対戦しましたが、ソロプレイと決定的に違うのはアクション数。1ラウンドに基本的に2回しか手番がありません。その内の1回を食糧調達に…

シヴィルパワーを入手する

プチウォーゲームショップです。 前回入荷時にタイミングが悪く買いそびれました。再入荷連絡メールを登録してあったのですが一向に連絡がない。 たまたま当該製品ページを久しぶりに見たら在庫があって発注しました。 結果的には何の問題もないのですが、シ…

ルアーブルをソロプレイする5

ソロプレイのショートゲーム。2回目です。 少し間が空きましたが、何ができるのか頭に入っているとスムーズにプレイできました。 今回は食糧調達を軸に考えて、燻製工場、パン工場を軸に進めて、最後の35食料調達では、それでも2つの建物を売って資金調…

東京地検の男を見る

沢村一樹の単発2時間ドラマ。 「ウチの娘は彼氏ができない」が終わったばかりなのに、なんと忙しいことか。 「結婚できない男」の尾崎脚本ということで期待しましたが、期待したほどではありませんでした。 警察の調書を鵜呑みにせずに自分の足で調べる検事…

天国と地獄を見る

終りました。 リアルタイムは3月24日に書いています。 正直に言いますが、最終回の前の週で「やりつくした感」がありました。真犯人は判りましたし、入れ替わりも解消しました。これで、来週は一体なにをやるの?‥でした。 しかし、最終回がある意味があ…

ロシアンレイルロードをソロプレイする

ソロプレイしてみました。 ヤフオク品ですが、和訳が入っていたのでそちらを読んで挑戦。 「山崎の戦い」ほどではありませんが、これもルールを読んでもイメージが湧かないゲームでした。こちらは本当に概念が斬新に過ぎて判らない感じです。 とまれルール首…

○レコスミコミケを読む

図書館。海外SFノヴェルズ版です。 高山羽根子さんが選んだハヤカワ文庫SFの一冊。 イタリアのイタロ・カルヴィーノの短編集です。 カルヴィーノはサンリオSF文庫で見掛けたので、アントニイ・バージェスなどと近いのかと思っていました。全然、違いま…

☆囲碁AIが教える中盤の良い手と悪い手を読む

安斎七段のAI棋書その2です。 今回は中盤戦。 本書は抜群に面白く読めました。 「AIが何を考えているか?」に肉薄した内容となっています。 AIの打ち方を見て、外勢重視だなという漠とした印象を持つのは容易です。しかし、踏み込んでみて行くと、そ…

レコンキスタをソロプレイする

マディソンのソロプレイゲーム、第4弾? レコンキスタです。 イベリア半島のイスラム教徒を駆逐することが目的です。 これまでの諸作品と違って、放射状マップではありません。普通のエリア式のマップに、各地域に都市があり、一部が道路で結ばれています。…

ASLスターターキット・拡張パック2を入手する

i-OGMです。 ASLスターターキットの拡張パック2。 スターターキットの原点に返って、原則として本作で使うユニットは全て本作に同梱されています。 地図だけ、スターターキット2、4から持ってくる必要があるものがあります。 表紙の下部にある各…

相棒:最終回スペシャル:暗殺者への招待を見る

リアルタイムは18日です。 相棒の最終回は凝った脚本が多く、そこだけ見ています。昨年は「ディープフェイク」でした。 今シーズンはさらに大掛かりになっていて、シーズン19冒頭の1、2話の話しの後日談を二話続きでやりました。 発端は白バイ女性警官…

ウチの娘は、彼氏ができないを見る

北川先生、無事に破綻なく最終回まで辿り着きました。 かなり良かったと思います。 菅野美穂こと碧は、最終回に突然のモテ期を迎え、一之瀬からやり直したいから沖縄へとプロポーズされ、NY栄転の漱石からNYへ来ませんかとプロポーズされ、結局は幼馴染…

ファーストラブを見る

映画館です。 もう上映回数が絞られており(リアルタイムは22日です)、遠出して実家の近くで見てきました。 予告編からして「重いだろう」とは想像していましたが、予想を上回るスーパーヘヴィー級でした。 父親を刺した女子大生のカウンセリングを担当す…

〇暗闇にレンズを読む

図書館です。 高山羽根子の芥川賞受賞第1作にして、SFが読みたい2021の第3位。 レンズを通して映像を切り出すことをしてきた女系3代の物語です。 それぞれにドラマがあるのですが、全体としての繋がりは強くなく連作短編集に近い読後感です。「首里…

ペペロンチーノを見る

NHK。 震災10周年ドラマの一つ。 草彅剛と矢田亜希子という「僕の生きる道」コンビ。と言っても、今回は草彅の亡くなった奥さん役は吉田羊ですが。 津波で流された海岸沿いのイタリア料理店。そこで、10年間の自分を導いてくれた人たちを招いてミニパ…

パンツァーコマンドを再入手する

再入手品です。 南北戦争マスターのエリック・リー・スミスにしては珍しいWW2作品。 チットアクティベーションの初期に位置し、他にもいろいろと新しいゲームデザイン手法を採用して後に大きな影響を残した一作です。 対戦できそうな状況になったので再入…

あんのリリックを見る

WOWOWです。 荒井修子作品。 広瀬すず主演。 俳句とラップのリリックを融合させる企画を巡る一連のドラマです。 前編では、リリックの著作権を一方的に収奪されていたあんが、その権利を取り戻すまでです。 酔いつぶれた主人公の脇で掃除しながら即興ラ…