千葉会:超人ロックを対戦プレイする

おやつの時間から始めました。 Dragoonさん、ほん吉さん、Yagiさん、トンデモさん、山田さん、にしさん、筆者の7人プレイ。 全体にパワーインフレな正体が揃っていて、誰もが平気でESPレベル4くらい、精神力も3くらいを名乗るという展開。 …

グリーンブックを見る

映画館です。 アカデミー賞の有力候補という、この時期に良く聞く売り文句。 千葉会が午後からだったので、映画館にアテもなく行ってみて、これだというものがなく入ってみました。 これは良い映画でした。 1962年のアメリカ南部のピアノツアーのお話し…

ちはやふる結びの句を見る

WOWOW再見です。 HDDの録画時間が不足してきたので、再見して消すために見ました。 悪くないと思うのですが、この三部作は、やはり最初が一番よかったなと思います。 もちろん、此処まで辿り着いて、ちはやの将来がエピローグに登場することの意義は…

☆零號琴を読む

ハードカバー新刊を買って、ちゃんと新刊の内に読み終わるという当たり前のことがなかなかできなくなって久しいです。 破滅の王に続いて無事に読みました。 仮面を付けて音楽を演奏する異文化。おー、「月の蛾」ですね。 伝説の大作を演奏するための一大プロ…

超人ロックをソロプレイする

無理は承知でソロプレイしてみました。 まぁ、シークエンスの確認、基本的な移動ルールの確認、モデル的な戦闘の練習という程度です。 そうか、ESPレベルって、こんなにクリティカルに効くのですか。番付一枚、天国と地獄という感じでしょうか。 キャラク…

歌舞伎町弁護人凛花を見る

とりあえず初回を見ました。 朝倉あきの初主演ドラマ。BSテレ東です。 六本木の大手事務所で働いている弁護士が、父親の弱小歌舞伎町事務所を無理やりに継がされていく‥ような展開に。 朝倉あきは、近年、少しずつ大きな役をやるようになっていましたが、…

キャッスルロックを見る

終りまで見ました。 退屈で寝落ちするエピソードもいくつかあり、あまり高く評価できません。 一部に面白い回もあって、7回目の「チェスの駒」は興味深く一気に見られました。 いくつかコメントしておきます。 第一に、エイブラムスらしい平行世界ものとし…

インド系美人と言えば

インド系美人と言えば、女子テニスではミルザが思い浮かびます。 2015-16年に、ヒンギスのパートナーとして活躍しました。見掛けによらずパワーヒッターの典型で、剛腕強打です。 若くしてインドの国民的ヒーローとなり、結婚もしました。30を越え…

グッドワイフを見始める

常盤ちゃんの日本版が良かったのですが、WOWOWでオリジナルのシーズン1が始まりました。 常盤ちゃんがやっていたアリシア役の方が、あまり綺麗でないのが残念。 代わりに、インド系美女のパラリーガル、カリンダ・シャルマ役のアーチ―・パンジャビが綺…

超人ロックのルールを読む

早速ですが、ルールを読みました。 なるほど、こういうゲームなのですか。 実は不勉強にして、このゲームを一度もプレイしたことがありません。 このゲームが巷間で流行っていた時期に、当時所属していたZOCでは、AHの「statis、pro-base…

スペイン主役の東部戦線ゲーム

イタリア軍主役のゲームの話題になり、思い出しました。 Black Wednesday: The Battle of Krasni Bor, 10-11 Feb 1943 | Board Game | BoardGameGeek スペイン軍主役の東部戦線ゲームです。 レニングラード救出作戦の末期、既に包囲環が破れた後です。スペイ…

イタリア主役の東部戦線ゲーム

lforn.exblog.jp 中黒さんのブログからです。 東部戦線ゲームは星の数ほどあれども、イタリア軍が主役なのは極めて珍しいでしょう。 1942年のソビエト冬季攻勢に襲われるイタリア第8軍というテーマ。小土星作戦というのだそうです。 ニューシネマパラダ…

折りたたみ北京への別の見解

babahide.blog.so-net.ne.jp 馬場秀和さんのコメントです。 集全体に目配りしており、広い読書経験に裏打ちされたコメントです。 中国SFが、中国ローカルSFでないという指摘は、非常に重要と思います。 思えば70年代の日本SFも、決して日本ローカル…

☆折り畳み北京を読む

SFが読みたい2019の海外1位です。図書館。 これは抜群に面白いアンソロジーです。「SFが読みたい!」にも当りがあるのだと知って、少しですが安心しました。 1970年代の日本SF、1940年代のアメリカSFのようなエネルギッシュな作品群で…

秒速5センチメートルを見る

WOWOWのダビング再視聴です。 桜の季節になったら見ようと思っていたので、忘れずに見られて良かったです。 1時間の中にショートムービー3本で構成された物語。誰にでもある初恋の思い出を刺激するような構成は見事です。 改めて見て、やはり第1話の…

ワサビを見る

WOWOWです。 リュック・ベッソン。ジャン・レノ+広末涼子です。 公開当時みたかったのですが、今になってようやくです。 広末は、ジャンの知らないでいた娘の役。お母さんがなくなって、後見人として突然フランス人の警察官を遺言で指名。と言うことで…

ラーメン大好き小泉さん2019春spを見る

万難を排して録画してみました(笑) 平成最後のラーメン小泉さんという位置づけなのですね。平成ラーメン史の纏めになっていて、なるほどと思わされました。 久しぶりに元SKEの木崎ゆりあを見ましたが、良い意味で狸系の可愛さはそのままと思いました。 …

○海神の裔を読む

豊田有恒です。 SF宝石チェックリストで気になった本の2冊目です。 「パチャカマに落ちる陽」が中南米古代文明ものだったのと対になるような日本古代史ものです。 邪馬台国1、壬申の乱2、大化の改新2と並び、織田信長ものが断然新しく感じるという時代…

ラーメン大好き小泉さん2016年末spを見る

夜中に起きたら、たまたまやっていました。2019春スペシャルへ向けての直前再放送です。 本放送で見逃して残念に思っていたので、思わず深夜なのにそのまま見てしまいました。横浜に住んでいた時分には時折行っていたラーメン博物館から始まります。入っ…

Trullionを入手する

ジャック・ヴァンスのサイネーチャーシリーズ。 簡単に手に入る内に押さえることにしました。と言っても、一つも読んでいないのに三冊目なので、自制心のなさを露呈しています。 アラスター星団シリーズという、アラスター星団の数千ある星の一つずつを舞台…

○図書館島を読む

SFが読みたい!2019の海外第9位。 図書館です。 うーん、世界幻想文学大賞受賞というほどには喜べませんでした。リーダビリティもまぁまぁ、出来栄えもまぁまぁという感じです。 異世界を構成する努力は緻密にされていると思います。それが故に読みに…

第一次上海事変をソロプレイする

早速やってみました。 ルールの読み方が浅くて不明点があって中断。盆栽ゲームズに質問を出したらすぐにお返事がやってきました。 近日中にまたやってみます。 システム的には作戦ポイント方式で、作戦ポイントを使えば同じユニットに何回でも行動させられま…

GJ70号を入手する

入院休載のため、AMAZONで買いました。 こういうことがないと、価格の実感がないのですが、決して安くはないのですね。 付録ゲームは、第三帝国の盛衰です。 お代を払ったことでもあるし、これはやらなくては(笑)。 殿堂ゲーム企画で、近藤さんがま…

朝ドラ百作ファン感謝祭第一部を見る

家内が気づいて録画してくれたものを見ました。 印象に残るシーン、ベスト1が、「ちりとてちん」と聞いた瞬間に、絶対あそこだ!とクレームしましたが、その通りでした。 徒然亭一門会の第1回、弟子たちが順に演じ終えた後、トリの出囃子を草原が始めてし…

ジハード!が再版される

petitslg.exblog.jp コンパスゲームズのペーパーウォーズは、元々はゲームレビュー誌でしたが、ゲーム付き雑誌になってからはシミカンのニューバーグの復刻雑誌みたいになっています。 ついに、あの「ジハード!」が再版されました。 ATO誌の「東方の黙示…

双葉黒、亡くなっていた

今日になって、2月に腎不全で亡くなっていた旨の報道が流れました。 同世代の人なので、そうか自分たちの世代もそういう年齢なのかと思わされます。 名門、立浪部屋の米櫃として若い頃から期待され(甘やかされ)、優勝しないままに横綱昇進(相撲協会も甘…

このシミュゲがすごい2019を入手する

迷いましたが、第1次上海をオーダー発注したので、ついでに引きました。 ライターの方の多くが1知等なので、業界の狭さを感じます(笑) たかさわさんが「安田講堂」を採り上げているのは、やはりという感じでしょうか。これも買っておくべきか迷ったので…

第一次上海事変を入手する

上海もの好きを自認していながら、盆栽ゲームズ版を買い逃してしまいました。 中国語版の、第一次上海事変のみです。1000円だったので、これで良かったのかなと思っています。 上海市街マップと言うと、パンサーゲームズの「上海トレーダー」以来でしょ…

ここはフランスだ!をソロプレイする3

先日の対戦プレイの結果を踏まえて、再度やってみました。 FSA側は、まず人数を増やすことを最優先にします。暴動活動は先送りにして、とにもかくにも人数を増やすことを目指します。 対するフランス側は、FSA抵抗値の増加、兵員密度の増加を軸に動き…

○太陽からの風を読む

ACクラークの短編集を順に読んできましたが、とうとう5冊目、最後になりました。 最後とは言っても、自分史的には最初に読んだ短編集なので印象深いです。 今回読んでみて、多分に記憶の美化作用を受けていた気がしました。改めて読んでみると、それほど…