○これは経費で落ちません!4を読む

少し間が空きました。 新番組にコメントした都合でリアルタイムより遅れています。本当は13日に読み終わっています。 4巻では、経理部に新入社員(転職)が入ってきます。正しいことを強硬に主張する彼女を中心に、いろいろな事件が浮上してきます。 マリ…

コマンド135号を入手する

2年前の135号を入手しました。 シモニッチの「France40」の片割れが付録ゲームです。このクラスのゲームが付録だと割安感があるので、いずれ買うつもりでいました。キッカケがなくそのままになっていましたが、此処へ来てバトルオブブリテンのゲ…

蜂蜜と遠雷を見る

劇場です。 松岡茉優が主演と言うので、ピアノをやっているから見たいという家内と一緒に見てきました。 うーん、原作の圧倒的なボリュームからすると、尺が全然たりません。「ちはやふる」みたいに劇場版三部作とかでも良いくらいです。でも、それだと公開…

バトルオーヴァーブリテン戦略ゲームをソロプレイする2

一時間以上を掛けてセットアップした所で、本番開始です。 練習シナリオでは最初の1ターンです。 ルフトヴァッフェ側が空襲プロットをするのが本当ですが、ソロプレイなので空襲目標マーカーを配置しただけで、後は盤上で一個ずつ解決としました。 それでも…

バトルオーヴァーブリテン戦略ゲームをソロプレイする

近日対戦予定の戦略ゲームの練習シナリオを並べてみました。 セットアップ作業が大変です。 ユニット総数が多いゲームではないのですが、最初の運用を想定して少しでも使い勝手を良くしておこうと考え始めると、考えるべきことが多くて意思決定が面倒くさい…

スカーレットを見る

始まりました。 前作の「なつぞら」は、最初から最後まで一回も見ませんでした。「あさが来た」の再放送もあったので、少々負担が重かったからです。 今回は、水橋脚本と聞いて万難を排して(笑)。 二週間ですが、非常に上手く滑りだしました。二週目の最後…

シャーロックを見る

月9です。 井上由美子脚本、ディーン・フジオカ主演と、なかなか期待させました。 で、見たのですが、うーん、これはかったるい感じでした。 初回ゲストは、我らが松井玲奈と、同じくブラックスキャンダル重要人物だった松本まりか。このキャスティング時点…

×そして、バトンは渡されたを読む

本年度の本屋大賞です。 発表と同時に図書館で予約して、ようやく順番が来ました。半年待ちです。で、読み始めたら二日間。 うーん、本屋大賞を読むのは、「かがみの孤城」、「蜜蜂と遠雷」、「羊と鋼の森」、「村上海賊の娘」、「舟を編む」、「天地明察」…

ZOCのあるゲームを最後にプレイしたのはいつですか?

なんのことやらというタイトルですが、猿遊会で空戦卓を囲んだメンバーでの話題です。 誰もすぐに回答できませんでした(苦笑)。 そうか、空戦ゲームにはZOCがないし、ASLにもZOCがないし、SFゲームにもZOCがないのでした。 個人的には、「ピ…

空から降りてくるもの?

中黒さんのコメントに、 「『グインサーガ』か『エルリック』だった記憶があるんですが。何でしたっけ?」 「エルリック」は手放してしまいましたが何回かプレイしました。空から降ってくるのはいなかったと思います。 「グインサーガ」って、ヘクスゲームあ…

バトルオーヴァーブリテンの戦略ルールを読む

以前に戦闘ゲームを対戦プレイしています。 今回は戦略ゲームを戦闘ルールなしでプレイしようと考えています。 で、ルールを一通り読みましたが、非常に整然としたシステムだと思いました。バターフィールドの仕事ですから、さすがと思いました。 以下、気付…

空から舞い降りるもの

ソークオフです。 【Company Scale System】「The Little Land : The Battle of Novorossiysk」Operation More Solo-Play AAR - Wargaming Esoterica で、 中黒さんのコメント、 「実際に地図盤上の3フィート(約90cm)上から落とし、降下ヘクスに降りたかど…

ルパンの娘を見る

とうとう終りまで見てしまいました(苦笑)。 荒唐無稽さが目立って、いささか粗い仕上がりだったでしょうか。 しかし、なんと言っても、フカキョンが泥棒スーツを着て活躍し、後半では祖母の若い時代も演じてセーラー服を着たことが最大の評価点でしょうか…

☆三体を読む

今年、もっとも旬なSF書籍かも知れません。 図書館です。 ヒューゴー賞長編部門をアジア人が初めて受賞。すごいですね。 三部作の頭なので、この後がどうなるかは、期待と不安が拮抗する所ではあります。旬な内に続刊となって欲しいのですが、個人的にはハ…

アクリルマーカーって作れるんですね

ソークオフです。 ■テーブルゲーム/印刷なしアクリル駒■ おー、このくらいのコストで、フリーデザインのアクリルカウンターが作れるのですね。素晴らしい時代になったものです‥(^o^) なにか作ろうかしらんと妄想中です。 こういうのは妄想している間が一番…

サギデカを見る

今期の本命と目していましたが、その期待に違わぬ見応えのある短期集中ドラマでした。 振込め詐欺の担当刑事と、摘発されたかけ子の青年。 それに加えて、かけ子の上司の店長、その上司の番頭、その上の首魁。そして、ブレインである男。 このブレインの男と…

これは経費で落ちません!を見る

終りまで見ました。 一部に、「経費ロス」という、なんか別の意味に誤解しそうな言葉が発生しているそうです。個人的には、「来週から何を楽しみに生きていけば良いのだろう?」と言うロス感情に襲われるほどではありません。しかし、なかなか良く出来たお仕…

ロンドンの守護者

ちょっと「ロスト」のサブタイトル風。 「バーニングブルー」の話しの続きです。 一昨日のポイントに書いた通りで、 RAFが得られる情報の精度は低く、 迎撃に上がっても至近距離でも見逃すことがあり、 爆撃機は過剰に硬く評価されていて、 ルフトヴァッ…

○飛ぶ孔雀を読む

図書館です。 日本SF大賞受賞作と言うことで。 山尾悠子さんは、30年くらい前にSFマガジンを読んでいた頃に鈴木いづみさんと共に、とても不思議な作品だなと思っていました。タイプは全然違いますが、どちらもSFらしいSFでないという点は共通して…

茨城会:ザ・バーニングブルー:シナリオ4を対戦プレイする その3

これからプレイする人のアイデアになるようにいくつか書いておきます。 1:タリホーカードチェックは、予想以上に見えません。 コンディション良好でさえ、同一へクスでも見えない確率が24%もあります。隣接へクスになると38%も見えません。2ヘクス…

茨城会:ザ・バーニングブルー:シナリオ4を対戦プレイする その2

ルフトヴァッフェ側として、空襲を3波に編成しました。 第1波は、エミール3ユニットのフライエヤークトです。イギリスのロンドンに近い主要スクランブル飛行場のケンリーを目標とし、そこで旋回するプロットです。 ケンリー到着前に発見されて空戦となり…

茨城会:ザ・バーニングブルー:シナリオ4を対戦プレイする その1

二週間前に対戦したばかりですが、ルールがインプットされている内の再戦となりました。 今回は一つ進んでシナリオ4です。 シナリオ4は、9月7日から30日です。8月25日から都市爆撃が開始されているので、この時期になるとロンドンも空襲目標として…

テクノロジーの進歩、ドクトリンの進歩を見られるゲーム

ナイトファイターのレビューを読んでいて思ったのですが、デザイナーが本作品を通じて見せたかったのは、同じ「夜間空戦」というものが、時代と共に、あるいは戦場によってどう違っていたのかという総合的な知見なのかなと勝手に思っています。 レーダーのな…

ナイトファイターの話し

先日の猿遊会で、とても気になったナイトファイター。 これも、リー・ブリコム・ウッドの作品です。 ただし、ダウンタウンからの一連の空襲級システムではなく、ファイターに焦点を当てたドッグファイト級のようです。 どんなものかと思いましたが、BGGの…

○スペースマシンを読む

プリースト再読シリーズ、第3弾。 個人的には、最初に読んだプリーストです。引越しの関係で蔵書を発送してしまい、読むものがなくなって書店で未知の作家をミズテンで買った記憶があります。 読んでみたら、これが意外なほどに面白かった。 ただ、遠い過去…

バーニングブルー:シナリオ4の空襲計画をプロットする

猿遊会では、もう一つ完全燃焼できなかった「バーニングブルー」を、ルールがインプットされている内に再戦を企画しています。 で、未見の世界へ突入するべく、シナリオ4をやることにして、ルフトヴァッフェ側の空襲計画をプロットしました。 実際のプレイ…

吉田美香先生の解説

NHK杯囲碁トーナメントの解説に、吉田美香八段が登場しました。 女流棋士の解説は珍しいと思ったら、途中で聞き手の星合さんからトーナメント史上初めてのことと言及がありました。おー、そうですか。 ご本人は、「わたしの出来次第で他の人たちのこれか…

インペリウムは三度、甦る

元ネタは、カイメングリーンです。 別の物を目当てで書泉グランデに行ったら、インペリウムが並んでいました。 おー、噂に聞いていた再版がこれか! 今回はボックス版です。コンポーネント的には、かなり頑張っているという評価があちらこちらから聞かれます…

バトルオブブリテンを見る

WOWOWです。 2018年の英波合作映画。 バトルオブブリテンで活躍したポーランド人主体の303スコードロンの話しです。 フライトコントロールで働いている女性たちとの群像劇になっていて、ヒロインのステファニー・マルティーニが綺麗です。金髪碧…

ベイリーがヒールターンする

WWEです。 17日放送分で、ベイリーが親友のサーシャに続いてヒールターンしました。 アメリカではかなり話題のようです。 彼女のキャリアアップのためには必要なことだと思います。ただ、ヒールが似合わないこと夥しいですが。 もっとも、だからこヒー…