AKB総選挙を見て

bqsfgame2014-07-21

筆者が松井玲奈押しなのは、以前に書いた通り。
と言うことで、ここ数年、総選挙は見ています。毎年、思いますが、此処での挨拶で印象の良し悪しが大きく変わります。
今年の感想。
1:稀にみる悪天候で観客が大変でしたが、観客への心遣いから入ったのは、松井玲奈と、一位へのプレゼンターだった大島優子の二人だけでした。他のメンバーより大人だなと思いました。
2:ファンへの感謝、自分の思いなど、語りたいことが多いのは判りますが、いたずらに長い挨拶は印象が悪いですね。簡潔で良い挨拶をしたのは、松井玲奈宮澤佐江川栄李奈くらいでしょうか。川栄は、お馬鹿キャラで定着しましたが、今年の挨拶は非常に好感を持てました。
3:長すぎたり、感情に流れてしまった方では、松井珠理奈須田亜香里横山由依渡辺美優紀の印象が悪かったです。個人的な好みの話しになりますが、須田の挨拶は特にいただけませんでした。自分に都合の良いことを言わせておいて、それをさらに自分の都合の良いように解釈して話しを進めていくと言う。こういう人は、それなりに頭が良いと思うのですが、第三者的に冷静に見ていると非常に印象が悪いですね。
4:長さとは別の次元で、こんなのは謹慎で良いのではと思ったのは、小嶋陽菜です。自分のファンを弄ぶようなことをするのはどうかと思います。
5:メンバーではありませんが、徳光さんはどうにかなりませんか? 昨年、松井玲奈を「れいな」と呼んでブーイングを浴び、それに壇上から言い返すと言うプロとは思えない振る舞いがありました。大ヴェテランですから今年は繰り返すまいと思ったら、「乃木坂48」とか言うし。今年も玲奈の所でしたね‥(^_^; 徳光さんがAKBグループに興味がないのだと思いますが、司会者を引き受けるなら凡ミスしない程度には下勉強して臨んで欲しいものです。徳光さんはプロレス界にとっては功労者の一人なので、あまり晩節を汚して欲しくありません。
6:玲奈の順位は昨年の7位から篠田と大島が抜けた分だけ上がって5位。でも、いよいよ頂上射程圏内に入ってきました。
7:指原の連覇失敗には申し訳ありませんが安堵しました。外見だけで人を判断してはいけないのですが、やはりトップの顔ではないかと。
8:指原時代の副産物として、「前田や大島でなくてもトップになれるんだ」と皆に思わせたことがあります。その結果、今年は来年のトップを口にするメンバーが増えました。渡辺、指原に加えて、珠理奈、山本。これに、玲奈、ぱるる辺りも加えて来年は稀にみる戦国時代になりそうです。
9:昨年はSKEの躍進が目立ちましたが、今年はHKTでしたね。宮脇の11位は驚きましたが、正統派の可愛さで、受け答えもしっかりしていてなるほどと思いました。あと速報順位から粘れませんでしたが、兒玉は表情豊富な瞳と性格の良さそうなコメントで大いにアピールしました。来年に向けてさらに躍進しそうです。
10:徳光さんの責任ではありませんが、後半は挨拶して席に上がろうとするのを引き留めて質問するのが目立って感心しませんでした。テレビの収録分量不足だと思うので、来年は4時間の放送枠は大幅に縮小して良いと思います。4時間やるなら、もっと下の順位から映して欲しいでしょうか。