〇不定期エスパー2を読む

順調に2巻へと進みました。

f:id:bqsfgame:20200204205917j:plain

区切りが悪いのか、この巻は410ページもあります。しかし、リーダビリティは良いのでサクサク終わりました。

サクサク終わったのではありますが、振り返ってみると意外に特筆すべきような事件は起きていません。

主人公が務めるエレスコブ家は野心的な中堅ファミリーです。大手2家に追随するべく仕掛けており、主人公が護衛するエレンは議員として地方遊説に出ます。その護衛でいくつかの小競り合いが生じます。後半ではエレスコブ家は大手2家しか持っていない恒星間船を保有することを打ち出し、それによって軋轢は強まります。

というくらいでしょうか。

もちろん400ページもあるので、それ以外にも小さな伏線はあるのですが、今の時点ではそれほど重要に見えません。

同時期にSFマガジンで連載された「引き潮のとき」もそうでしたが、ちょっと密度が薄くて眠い感じは否定できません。終りまで辿り着けるかちょっと不安です。