千葉会:外惑星動乱記を対戦プレイする

ybsさんと対面でウォーゲームをしたのは初めてです。
ゲーム自体は非常に面白く遊べました。
今後の戦略策定に向けてVP関連は記録を取ったので追っていきます。

f:id:bqsfgame:20220115113028j:plain

第1ターン
外惑星側がコロンビアステーション、ワルハラステーションに奇襲を掛けてきました。ゾディアック級は急襲カードを使って緊急出港し、先制攻撃。アンダイン、シルフ、仮装巡洋艦1を撃破。
外惑星側:木星土星、両トロヤ群を制圧して7VP
航空宇宙軍:センチュリー宙域のみで1VP
差し引き、外惑星側6VP

f:id:bqsfgame:20220115120847j:plain

第2ターン
航空宇宙軍として、ソロプレイの結論から早期に反撃開始が必要と判断し後方トロヤ作戦を実行。フリゲート10隻を押し立てて後方トロヤへ。その補給路を確保する作戦を並行実施します。これに対して外惑星側は補給線妨害作戦に出てきました。結果としてジュノー宙域でトロヤより大きな会戦となりました。
外惑星側は後方トロヤ艦隊は警備出撃で碇泊攻撃を回避します。
有名な仮装巡洋艦バシリスクを屠ることに成功し、後方トロヤを降伏に追い込みます。
外惑星側:木星土星、前方トロヤ群を制圧して6VP
航空宇宙軍:センチュリー、セレス宙域のみで2VP
差し引き、外惑星側4VPとなり、累計10VP
第3ターン
後方トロヤを制圧しても、そこから出港して土星宙域を目指すにはコンボイを後方トロヤへ送り込まねばなりません(←期末試験に出ます:重要)。そのためコンボイ小惑星帯へ送り込むのですが、外惑星側はこれを妨害して来ます。土星宙域で土星の降伏を賭けて戦うより、此処で戦う方が勝算ありという判断です。
第二次ジュノー宙域海戦が起き、きわどく勝利するも被害甚大。
外惑星側:木星土星、前方トロヤ群、センチュリー宙域を制圧して7VP
航空宇宙軍:セレス、ジュノー宙域のみで2VP
差し引き、外惑星側5VP、累計15VP
第4ターン
後方トロヤを降伏させ、そこを利用して土星へ進み土星も降伏させる思惑だったが、敵の抵抗が激しく思惑通りには進みそうにない。

f:id:bqsfgame:20220115150505j:plain

そこで、降伏させられないことは承知で最大の3VPを得られる木星宙域の支配に挑戦することとした。両軍が互いに増援を送り込みあって、開戦以来最大の海戦となり、これに辛勝した。
外惑星側:前方トロヤ群、センチュリー、セレス宙域を制圧して3VP
航空宇宙軍:木星、ジュノー宙域で4VP
差し引き、航空宇宙軍側1VP、累計は外惑星の14VP
第5ターン
引き続き木星宙域支配継続を試みるも第二次木星海戦にはきわどく敗北。
外惑星側:木星土星、前方トロヤ群を制圧して6VP
航空宇宙軍:セレス、ジュノー、センチュリーの小惑星帯全宙域で3VP
差し引き、外惑星側3VP、累計17VP
まで、航空宇宙軍プレイヤーとして投了。