トップガン・マーヴェリックを見る

映画館です。

4WDで家内と見ました。

期待していたよりはるかに面白かったです。正直に言えば期待していなかったためなのですが。

クライマックスの敵核燃料施設攻撃の描写は、空戦ゲーマーとしては非常に楽しく見られました。

まずECW機が飛んで情報収集と電波妨害。先導機が進入してピンポイント爆撃。それから後続機による波状攻撃。成果の写真観測機が最後に飛べば、「ダウンタウン」そのものです。

航空母艦への緊急着艦も良い感じでした。

そこらへんがとってもちゃんとしているのに、どうして敵の格納庫に都合よく飛べる状態のトムキャットが置いてあるのかは非常にご都合主義と思いました。

ルースターが、可変翼が動くのに動転するくらい、今となってはトムキャットは過去の遺跡なのに、どうしてそれが飛ぶ状態で落ちているのかは納得感が全然ない感じがしました。

敵国の名前を出さないのは意図してのことだそうですが、それなのに敵戦闘機がスホーイ57なのも、ちょっと迂闊な印象です。57は、北朝鮮にもイランにも出ていないので、核兵器保有違反国家で持っていそうな国は見当たりません。

女優陣では、フェニックス役のモニカ・バルバロがフレッシュだし綺麗でした。

そんな彼女も訓練で撃墜されて腕立て伏せをしているのには苦笑してしまいました。

前作のマクギリスは登場しませんでした。劣化が著しいのでご本人が受けなかったのでしょうか。

回想シーンとか、昔の集合写真とかくらいなら出てくるかと思いましたが、それも見つけられませんでした。

劇場で見るべき作品だという気はするので公開期間中にもう一度みるかどうかは要検討な感じです。

でも、「バズ・スターライト」も始まってしまうし、日程的に難しいでしょうか。